本文へスキップ
トップページ > 製品情報 > ベストフード商品 > 鴨だしつゆ
サイト内検索
鴨だしつゆ
鴨だしつゆ(パッケージ写真)

鴨だしつゆの特徴

☆本製品は、当社独自の製法技術(食べ物を人が体内で消化分解する機能と同じ方法)で原料の合鴨ガラと肉をそのまま液化した、合鴨特有の味・風味を有するエキスをベースに、鰹節と利尻昆布のだしも使用して味に深みを持たせました。
☆鴨せいろや鴨南蛮のほか、丼だしや煮物などにもご使用いただけます。
〈ご使用方法〉
☆ 鴨せいろのつけつゆ  本品1 : 水3
☆ 鴨南蛮のかけつゆ   本品1 : 水5
☆ 丼だし、煮物、鍋   本品1 : 水4 

エアホールドパウチの特徴

☆キャップ付きのエアホールドパウチに充填された、4倍濃縮品ですので、一度に最大8人分(鴨せいろの場合)までお好きな量をお使い頂けます。残った場合はキャップをして冷蔵庫で保管し、なるべく早くお使いください。
☆エアホールドパウチですので、内容量が少なくなっても自立します。
☆使い終われば、エアを抜いて丸めて捨てれば、ゴミの量もかさばりません。

【調理例】

鴨せいろ(写真)
鴨せいろ 1人分
そば1把、合鴨胸肉5mm厚さ5枚、白葱4cm長さ3本、鴨だしつゆ大さじ2(36g)、 水1/2カップと大さじ1/2(108cc)鴨脂適量(合鴨肉の成型の際に出たもの。無ければサラダ油で構いません)
【作り方】
  1. そばは規定どおりに茹でて、水に晒して水切りしておきます。
  2. フライパンを熱して鴨の脂で白葱を焼き、白葱に焼き目が付けば、合鴨胸肉を焼きます。合鴨は焼き過ぎないようにしてください。
  3. 2に鴨だしつゆと水を入れ、一煮立ちすれば、つけつゆの出来上がりです。お椀に移し、温かいつゆに冷たいおそばをつけてお召し上がりください。お好みで白髪葱や山葵などを添えてお召し上がりください。