本文へスキップ
ブイヤベースソース
ブイヤベースソース(パッケージ写真)

ブイヤベースソースの特徴

☆ブイヤベースは世界3大スープの一つにも数えられる、南フランス・マルセイユの名物料理で、魚介類と香味野菜を煮込んだ寄せ鍋料理です。本品を水で希釈するだけで、本格的なブイヤベースをお作りいただけます。
☆本製品は、当社独自の製法技術(食べ物を人が体内で消化分解する機能と同じ方法)で原料の鯛、ホタテ、カニ、アサリをそのまま液化した、それぞれの自然な味・風味が特徴の当社自慢の魚介エキスを使用しています。
☆白ワイン、トマト、スパイス(サフラン)を贅沢に使用して、高級感あふれる味にしています。

エアホールドパウチの特徴

☆キャップ付きのエアホールドパウチに充填された6倍濃縮ですので、一度に最大4人分(ブイヤベースの場合)までお好きな量をお使い頂けます。残った場合はキャップをして冷蔵庫で保管し、なるべく早くお使いください。
☆エアホールドパウチですので、内容量が少なくなっても自立します。
☆使い終われば、エアを抜いて丸めて捨てれば、ゴミの量もかさばりません。

ブイヤベースソースのご使用方法

本品は6倍濃縮品です。ブイヤベースソース:水=1:5の割合でご使用ください。

【調理例】

ブイヤベース(写真)
ブイヤベース 3〜4人分
魚介類 適量(今回はイトヨリダイ1尾、鯛フィレ1枚、有頭海老5尾、ヤリイカ1本、ムール貝10個、ワタリガニ2杯)、キャベツ3cm角切り1/2個、椎茸1/4カット1パック、人参短冊切り1/2本、白葱1cm幅スライス1本分、トマト角切り1個分、ブイヤベースソース200g、水1リットル、オリーブ油・パセリみじん切り適量
【作り方】
  1. イトヨリダイと鯛はフィレにして、適宜カットします。有頭海老は背腸を取り除きます。ヤリイカは皮と内臓を取り除き、輪切りにします。ワタリガニは半分にカットします。
  2. 鍋にブイヤベースソースと水を入れ、沸騰すればトマト以外の野菜を加えます。
  3. ムール貝以外の魚介類を炒めます。これは香ばしさを出すためですので、中まで火が通らなくても構いません。また、お手軽に仕上げたい方は、炒めなくても構いません。
  4. 野菜に火が通れば炒めた魚介類とムール貝、トマトを加えて炊きます。
  5. 5分ほど炊いて魚介類に火が通れば出来上がりです。お好みで、オリーブ油とパセリのみじん切りを適量振りかけください。