本文へスキップ
食品安全への取り組み
当社では、お客様に安心して商品を使用していただけるよう、食の安全・安心に関わるすべての部門を包括した全社横断的な食品安全マネジメントシステムの構築と運用をHACCP方式に準拠する形で行っております。
品質保証
お客様にご満足いただけるよう、商品開発、原材料調達、製造工程、流通・販売における製品の品質を保証する体制をとっています。
コンプライアンス
法令順守はもとより、企業を取り巻く社会環境の変化を的確に把握し、消費者や取引先などに対し、社会的責任を果たしていくための体制を整備しています。
原材料の受け入れ検査
外観、ロット、温度、書類確認及び必要な検査を行い、安全であることを確認したものについてのみ受け入れを行っています。
トレーサビリティ
品質保証体制の一環としてトレーサビリティシステム(原材料受け入れ〜製品出荷までを紐付けしたシステム)を構築しています。
原材料や製造中で何らかの問題が発生した場合、原料規格書、製造記録、出荷情報の活用により、問題の範囲を特定できるため迅速な対応が図れます。
  また、原材料の使用間違いや、賞味期限切れ原材料の誤使用を防止しています。
フードディフェンス
お客様や取引業者様からの食品メーカーに対する食の安全・安心への関心の高まりを受け、当社でも意図的な異物混入や汚染に対する安全管理を目的としたフードディフェンスにソフト面、ハード面の両方から取り組んでいます。社員とのコミュニケーションを大切にし、働きやすい職場環境づくりを心掛け、常にお客様の安全安心を重視するよう、意識向上を図っております。
また、工場への入退出管理を強化し、異物混入防止対策(持ち込み物の制限、薬剤管理、鍵の管理など)のルール化を行っております。更に、安全カメラの設置によりリスクを低減させています。
工場入退室管理(写真)
工場への入退室管理
安心安全カメラの設置(写真)
安心安全カメラの設置
品質管理
検査風景(写真)
お客様に安全・安心な製品をお届けするため、品質の維持、向上に努めています。
製品検査の実施
当社で定めた検査基準と品質規格に基づいた最終製品の品質確認を行い、管理基準を満たした製品として、お客様にお届けしています。
○微生物検査
一般生菌、大腸菌群、カビ 他
○理化学検査
水分、塩分、pH、全窒素、粗脂肪 他
○官能検査
パネリストによる官能評価、味覚センサー 他
○その他の検査
アミノ酸分析、ミネラル測定 他
衛生管理
食品の安全を確保するため、作業者、原材料、設備の衛生管理を徹底し、安全・安心な製品を滞りなく製造できる環境づくりを行っています。
一般衛生
個人衛生(持込物制限、服装の標準化)や食品衛生についてルールを策定し、日々の巡回業務において遵守できているかチェックを行っています。また、定期的に拭き取り検査を行い、その結果を作業員にフィードバックすることで、改善に繋げています。
5S活動の実施
5S活動(整理・整頓・清掃・清潔・躾)を通して、作業環境をより快適でより安全なものにし、生産、サービスの効率、及び品質の向上に繋げています。  
勉強会風景(写真)
人材育成
月に一回の休機日(製造ラインの機械を停止させる日)を設け、清掃・点検作業はもとより、食品衛生にかかわる法規や生産に関するマニュアル等の勉強会を行い、全従業員の衛生意識の向上を図っています。
工程管理
一定の品質を維持するため、食品の安全と品質管理、およびトレースを行える工程管理を確立させています。各工程で問題がないことを確認後、次工程へ進むことで、安全な製品をお客様にお届けしています。